養子縁組・国際離婚・無国籍の子どもなどに関する相談・援助を行う社会福祉法人日本国際社会事業団(ISSJ)~「国境を越えて愛の手を」~ 1959年9月厚生大臣認可
| 日本語 | English |

難民とは

(インドシナ難民)難民とは、迫害から逃れるために国境を越え、自国の政府からは保護を受けることが出来ない人のことをいい、「難民の地位に関する条約」には、下記の通り定義されています。

「・・・人種、宗教、国籍若しくは特定の社会的集団の構成員であること又は政治的意見を理由に迫害を受けるおそれがあるという十分に理由のある恐怖を有するために、国籍国の外にいる者であって、その国籍国の保護を受けることができないもの又はそのような恐怖を有するためにその国籍国の保護を受けることを望まない者・・・」(難民の地位に関する条約1条より抜粋)

日本へは、1975年にベトナムからのボート・ピープル9名が上陸したのを皮切りに、インドシナ三国(ベトナム・カンボジア・ラオス)から、年間数百名にのぼるボート・ピープルが到来しました。これを受け、日本は1981年に難民条約(「難民の地位に関する条約」(1951年採択)と「難民の地位に関する議定書」(1967年採択)の総称)に加入し、難民受け入れのための体制整備を始めました。それに伴い1982年には出入国管理法が改正され、難民認定制度が導入されることとなりました。
その後、世界情勢の変化とともに、難民の出身国や地域も変化しています。また、迫害の形態も多様化しています。日本へ逃れる難民および難民申請者の数も、年々増え続けています。

ISSJでは、1979年にインドシナ難民に対する相談援助事業を開始して以降、日本で暮らす難民および難民申請者への支援を行っています。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5840-5711 (月~金10:00~17:00)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

アクセス

社会福祉法人 日本国際社会事業団
〒113-0034
東京都文京区湯島1-10-2
御茶ノ水K&Kビル3F
TEL:(03)5840-5711
FAX:(03)3868-0415

≫ アクセスマップはこちら
独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業 このページは独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業(WAM)の助成により作成されました
PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 日本国際社会事業団 All Rights Reserved.