ISSJでは、日本に逃れた難民および難民申請者の方々が、地域の一員として安心して暮らせるように相談援助を行っています。
母国を離れて日本で暮らす一人ひとりの背景を考慮しながら、生活上のさまざまなことについて相談に応じると共に、家庭訪問やカウンセリングを実施しています。ソーシャルワークのアプローチをベースとし、個人や家族に寄り添いながら、環境調整を行います。また、個人だけではなくコミュニティへの支援も行っています。

具体的には、以下の活動を行っています。

 

(1) 生活に関する相談と支援

母国とは異なる日本での生活では、言語や文化の違いから種々の困難に遭遇します。日常生活に必要な情報を十分に持たず、誰に相談して良いかわからないまま抱え込んでしまう場合もあります。

ISSJでは、病気、子どもの教育・発達、生活上の諸問題など、さまざまな相談に応じています。各人の状況やニーズに合わせて、行政サービスの利用に関する情報提供や手続きの支援を行います。 また、在留資格や言葉の問題により、医療へのアクセスに課題を抱えている難民および難民申請者に対しては、病院の受診調整や同行も行っています。

 

(2) 収容されている難民申請者へのカウンセリング

迫害を逃れて来日したものの空港等で上陸を拒否された人や、在留資格を失いオーバーステイとなっている状態の難民申請者は、入国管理局の施設に収容されることがあります。いつ収容が解かれる(仮放免される)かわからず、自由が制限された収容生活は、難民申請者の心身に深刻な影響を及ぼします。

ISSJでは、定期的に収容施設を訪問し、面会室でのカウンセリングを行うと共に、法的手続や仮放免後に受けられる支援に関する必要な情報を提供しています。活動の場所は、東京入国管理局(品川)、東日本入国管理センター(牛久)、成田空港支局、または地方の入国管理局の収容センターです。

 

(3) 難民コミュニティへの支援

同じ国や地域出身の難民および難民申請者が、日本国内の特定の地域にまとまって暮らし、言語や文化を共にする人々によるコミュニティが形成されていることがあります。

ISSJでは、難民コミュニティが社会の中で孤立することがないように支援しています。定期的に難民コミュニティを訪問し、関係機関とも連携しながら、コミュニティが抱える課題を地域社会の中でどのように解決していくことができるのかを当事者と共に考えています。

 

(4) 勉強会・ワークショップ

難民および難民申請者のメンタルヘルス、家族支援、多文化ソーシャルワークなどについて、勉強会やワークショップを不定期で開催しています。

ISSJは、他団体・関係機関とも連携しながら、難民・難民申請者への支援の質の向上を目指して活動に取り組んでいます。これらの事業は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のパートナー事業、および、日本財団やその他の団体からの助成により実施しています。