養子縁組・国際離婚・無国籍の子どもなどに関する相談・援助を行う社会福祉法人日本国際社会事業団(ISSJ)~「国境を越えて愛の手を」~ 1959年9月厚生大臣認可
| 日本語 | English |

ISSJの養子縁組について

養子縁組について_本番用ISSJは、子どもは温かい家庭で愛情を受けて育つことが大切と考えており、一人でも多くの子どもが家庭で成長できるよう養子縁組を支援しています。ISSJが委託をする子どもは日本国内に住み、年齢も幅広く、様々な事情から家庭を必要としています。そして、ISSJの養子縁組は、日本に住む養親候補者に子どもをマッチングする「国内委託」と外国に住む養親候補者に子どもをマッチングする「国外委託」があります。

 

 

実親の方へ

国内委託を優先した養子縁組を行います

ISSJでは、子どもへの負担を最小限にするため、日本国内に住む子どもを国内在住の養親候補者にマッチングする「国内委託」を優先しています。しかし、適切な家庭が見つからなかった場合は、子どもにとって恒久的な家族が与えられるよう「国外委託」でのマッチングを行います。こうした国外委託を行う上で、子どもの最善の利益と権利擁護のために児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)と1993年ハーグ国際養子縁組条約の理念に則って活動を行っています。

養親希望者の方へ(国内)

養親希望者の方へ(海外へ住む方へ)

ISSJでは国籍の異なる連れ子や親戚の子どもの養子縁組の手続き支援も行っております。

フィリピン・タイ等の養子縁組について

ルーツ探しの支援を行っています

養子縁組は養子、養親、また実親などの関係者にとって一生向き合い続けるプロセスです。ISSJでは、養子の出自を知る権利を保障し、ルーツ探しを支援することも養子縁組支援の一環として位置づけて活動しております。

ルーツ探し

養子縁組についての詳しい内容は、パンフレット「ISSJの養子縁組」もお読みください。

1993年ハーグ国際養子縁組条約

ISSJは子どもが、その福祉のため、愛情、理解のある家庭環境のもとで幸福に成長すべきであると考えます。また子どもが安易に出身家庭から引き離されることのないよう、産みの親の方とのカウンセリングを大切にしています。子どもがその出身国において適切な家庭が見つからなかった場合に、国際養子縁組は家庭養護のもうひとつの手段として、子どもに恒久的な家族を見つける努力をすべきであると考えます。また国際養子縁組を行う上で子どもの最善の利益と権利を守ります。

 

フィリピン・タイの養子縁組

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5840-5711 (月~金10:00~17:00)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

アクセス

社会福祉法人 日本国際社会事業団
〒113-0034
東京都文京区湯島1-10-2
御茶ノ水K&Kビル3F
TEL:(03)5840-5711
FAX:(03)3868-0415

≫ アクセスマップはこちら
独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業 このページは独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業(WAM)の助成により作成されました
独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業 このページは独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業(WAM)の助成により作成されました
PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 日本国際社会事業団 All Rights Reserved.