平成30年WAM助成事業 2回連続勉強会

「子どもの福祉とソーシャルワーク実践」

~日本国際社会事業団(ISSJ)の取り組みから~

社会福祉法人 日本国際社会事業団(ISSJ)は1952年の設立以来、社会的養護下にある子どもの養子縁組や国籍取得、外国とつながりのある子どもやその家族への支援活動をしています。また、子どもの福祉のために活動する国際機関、International Social Service (本部ジュネーブ)の日本支部の役目も果たしています。この度、2回にわたり、「子どもの福祉とソーシャルワーク実践」をテーマに勉強会を開催します。ふるってご参加ください。

——————————————-

第1回 外国籍児童支援とソーシャルワーク

日時:2018年8月1日(水)18時~20時(終了しました

会場:文京シビックセンター会議室2

内容:外国籍の子どもたちを支援する現場で直面する課題(在留資格、無国籍、学校や地域への適応問題、家族問題)に対し、日々の実践から支援に必要な視点、技術、方法について考えます。また、参加者の皆さんから支援の現場で困ったことや疑問に感じていること等について、意見交換や質疑応答を行う予定です。

———————————————

第2回 家庭調査とソーシャルワーク

日時:2018年9月8日(土)10時~12時(終了しました

会場: 文京シビックセンター 区民会議室 5階 会議室A(〒112-0003 東京都 文京区春日1-16-21)

内容:ソーシャルワークでは当事者やその家族の「アセスメント」は重要です。ISSJでは養子縁組や家族の再統合を目的に家庭調査を実施します。また、国内だけでなく、国外の行政機関、裁判所、ISS支部等の依頼を受けて家族に関する家庭調査と報告書の作成を行うこともあります。家庭調査という手法を用いたアセスメントで、留意すべきこと、子どもの福祉という視点から家庭調査で求められるアセスメントの基準について紹介します。

———————————————

対象者:社会福祉士、ソーシャルワーカー、臨床心理士、医療従事者、児童福祉に関する行政機関や民間団体の職員の方、社会福祉に関心のある学生

定員:20名程度(先着順)。1回のみの参加も可能です。

費用:1回につき2,000円(学割1,000円)※資料代含む

(費用は当日払いでお願い致します。)

お申込方法:

お申込フォームまたは以下の連絡先のメールもしくは電話にて①お名前、②ご所属、③参加希望の回、④メールアドレスを明記の上、WAM勉強会担当宛にご連絡ください。

 

<連絡先>

社会福祉法人 日本国際社会事業団(ISSJ)

〒113-0034 東京都文京区湯島1-10-2 御茶ノ水K&Kビル3F

TEL:(03)5840-5711      FAX:(03)3868-0415      E-mail:issj@issj.org